☆TSUKAHARA☆

 

ご指名いただきました、塚原です。

 

 

 

 

 

先日、「陸上競技は寿命を削っている」という話を友達としていました。

 

 

 

確かに陸上競技を本気ですることで命を削っていると感じます。

ケツワレした時は、あまりの痛さに、一思いに殺してくれなんて考えてます。

 

陸上をしなければ、打撲も肉離れも捻挫も骨折もしなかったのに

 

ストレス解消に良いって言ったって、大会前は情緒不安定になります

 

多分みんなはこういう肉体的、精神的ストレスに慣れすぎて、

 

 

ケツワレ大好き(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

300大好き(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

遅刻したら300、10本(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

 

 

 

と、変質者になっちゃったんだと思います。

 

 

 

 

かわいそう…

 

 

 

 

僕もか…

 

 

 

 

でもなんだかんだで、そんな陸上に携われる職に将来つけたら最高だと思ってます。

陸上のおかげで大切な人たちに出会えて、いっぱいいい経験させてもらえて、今度は支える立場にもなりたいなと思って(奇跡的にこれを見たスポーツ企業関係者様、内定ください)

 

 

インターン全然受からんくて、社会不適合者説あるけど、偉大なる前々短長パート長がおっしゃっていた、「日記滞納者すなわち社会不適合者」が現実になろうとしています。

 

 

学生生活延長(留年)するかァァァァ!!!!!

 

 

 

陸上ではやっとみんなに貢献ができてきて嬉しいです。

去年からみなさんにお世話になり、いいとこなしでしたが、やっと存在価値見出せた気がします笑

 

去年は治らない怪我でジョグすらできず、陸上やめたいと病んでいて、

やっとの思いで怪我が治った時には、今年の9月まで結果を出すのは厳しいと感じていました(走れるようになっただけ十分満足、最高)。

 

ただ、今年のシーズンインからいい流れを持ってこれ、兵庫インカレや記録会でも徐々にタイムを縮めていくことができました。

 

去年無様な予選落ちだった関西インカレでも、得点を稼ぐことができ、チームに顔向けすることもできました。

 

西日本インカレでは、いろんな人に助けられ(幡中ありがとう)、全カレまであとちょっとのところまで来ました。ただ、ここまでやってまだ目標まで届かないのか、0.02秒分の足掻きはできなかったのかとか、いろんな後悔がありました。

 

そして兵庫選手権では、西カレの反省を踏まえた走りをして、かろうじて標準を切ることができました。良かった〜

 

かなり順調にこれた気がしますが、順調に記録を伸ばすための工夫がしんどかった、

でも、全カレに一人でも多くの人が参加できるようにマイルのメンバーの枠を増やすことを考えたら、無限にやる気が湧いてきました。

毎週試合があっても「まだ行ける」と思えました。

 

あとは、学連記録会でA標を切って、幡中の全カレ枠を作るだけです。

 

ただ、あれだけ連戦でも回復し切れた体が、兵庫選手権以来疲労が抜けません。

なんか変です。

もっと頑張らないといけないのに

 

 

 

最近400mHの先輩方も院試で忙しいようで、寂しいです。

応援してます!!!

 

 

 

 

次、当てる人決めときます。