好きなパンツは何ですか?

つい最近、恐怖体験をしました。

 

 

 

あれは、寝落ち通話中に巨人化した次の日のことだったと思います。

 

塚原と大学生御用達のUNIQUE CLOTHING WAREHOUSEに行く機会がありました。あのUNIQUE CLOTHING WAREHOUSEなので開店前でスタンバイしてから入店。塚原は「豊岡にこんな偉大でおしゃれなお店はないです!!!」と目を輝かせ、店内で喚き散らかしていました。やれやれ、後輩の面倒は大変ですね。僕は結局トレンドに乗りつつも、自分らしさがでる服を選びました。「先輩オシャレですね!!!」塚原は相変わらず褒めちぎるけども、このピュアさが私の心には響くのです。

 

そんな風にショッピングを堪能した後の、いつも通り道行く人たちに学歴を聞いていた最中だったと思います。突然、塚原がなんの脈絡も無くこう言いました。

 

 

「僕、一番好きなパンツ、ワイドパンツかもしれません」

 

 

これが最近遭遇した恐怖の瞬間です。

 

 

どーも、紹介が遅くなりましたが西澤です。「好きなパンツがワイドパンツ」え、皆さんはどー思います?普通に考えて、パンツってズボンのパンツですか?そりゃズボンのことをパンツという文化も全然あるやろと思ったそこのあなた。なるほど、あなたの言い分はわかります。

 

でも、ちょっと待ってください。パンツといったら下着のパンツなんです。男は皆、下着のパンツにロマンを感じているんです。パンツはドリームなんです。パンツは超えてはいけないラインなんです。ワイドパンツに心を突き動かされることはありますか?パンツといったら、心にパッションを灯すTバックの紐パンツ一択ですよっっっっっ!

 

 

 

ちなみに、女性の下着のパンツのことをイギリス英語で”knickers”

アメリカ英語で”panties”と言うそうです。海外行った時これを使って相手がイギリス派かアメリカ派か分かりますねwwwwwwww

 

 

まあさすがに全部ネタなんですけど、こんな感じで自分の常識は必ずしも周りと同じとは限らないなーと感じます。すれ違いってどんな時でも起こりますよね。カップルYouTuberもお互いのすれ違いでよく別れてますよね。

そういう意味で、陸上でも、自分の体とよく話し合い、ずれをなくしていくことが大切なんですね。

話し合うっていっても、体は喋りかけてくれないんで、練習のタイムであるとか疲労感であるとか、ちょっとしたサインを見逃さないようにしていきたいですね。

 

色々書きましたが、最近まっちゃんから100円借りることがあって、いい後輩なので今度焼肉連れてったらなあかんなー

ついでに全員連れてったるか、お金ないから、チェーン店で我慢やけど、叙々苑なら耐え

 

 

次誰当てるかまた考えときます。