ダンケシェン

もやです。



3月になって色々な人と色々な場所へ旅行に行っていますが、短長で行った沖縄はやはりエモかったです。

やはり4年間一緒に戦ってきたやつらは強く思い出に焼き付いているし、どこにいってもエモいんだろうなぁと思いました。

入学前は死ぬほど迷いましたが、神戸大学きて良かったなぁと思います。

色々な面で価値観が変わったように思います。


みんな知ってると思いますが、京都大学大学院で陸上を続けます。

これからは同じチームではなくなるわけです。

同じく院で続ける高柳と、試合でのみ競うようになるというのは結構感慨深かったりします。


高柳に初めて会ったとき、スタスタと奴にかけより、


「おまえには負けねーからな」


と週刊少年誌に出てきそうな恥ずかしいセリフを言ったのを覚えています。奴はそのことを今でも死ぬほど煽ってきますが、その意思はずっと変わってません。


まぁ奴との思い出も含めて、4年間色々ありました。

もうみんなとの時間が戻らないと考えるとやはり寂しいですが、この思い出を引きずるのではなく自分の心の拠り所とし、次のステップへ向かおうと思います。


これまでの日記で、短長への思いはすべて伝えてきたと思います。もう言うことはありません。

4年間本当にありがとうございました。

では!